FXで大切なロスカット

リスク管理は、FXの中でとても重要なことです。感情に流されず、適宜冷静な判断を行い、取引を進めて行かなくてはなりません。そんなリスク管理を行う場合、最も必要なことがロスカットです。投資家の中には、ロスカットこそがFXの勝敗を決めるという人も多いでしょう。ロスカットとは、損失を最小限に抑えることです。しっかり損切りを徹底して行うことは、最終的にFXで勝つことを意味します。確実に資産を増やすことが目標ならば、必ず行っておく必要があります。

レバレッジが特徴となっているFXでは、相場が激変した場合、大きな損失を出してしまう可能性があります。ロスカットは、為替相場の動きが予想と大きく外れた時に大変効果的でしょう。逆指値注文はロスカットに良く使用されますが、他にも色々な注文方法があります。自分なりのロスカットルールを決めて、徹底的に取り組むようにしてください。FXの損切りを行う際に利用する注文方法には、IFD注文やOCO注文が有名です。

このような自動売買の注文方法は、1日中パソコンを見ていなくても、自動的に対応してくれるので安心です。他にも、3つの注文と2つの決済ができるIFO注文もあるので、ぜひ参考にしてみてください。強制的に行われる自動ロスカットは、証拠金の2割から3割程度になると、ポジションの一部や全部を決済してしまうようです。ロスカットは強制的におこなわれるもの、警告の連絡やメールを送る方法など、会社によって様々なので、前もって確認しておいた方が良いでしょう。FXロスカット